編入で最終学歴は変えられる!?編入に関する学歴の全て

「学歴」って未だに根強いですよね。受験で失敗し、受験コンプレックスを抱える人も少なくありません。そこで「編入」という選択肢を見つけた人も多いかと思います。僕も高3・浪人で全落ちして、「編入」を志しました。「編入で学歴変える」といってもすごくわかりづらいですよね。そんな方はぜひみてください!

編入を志す多くの人が学歴コンプレックスを抱えています

編入を志す理由はたくさんあると思います。

編入を志す理由

学歴を変えたい

専攻を変えたい

友達を増やしたい

しかし、編入を志す多くの人の理由が、「学歴を変えたい」です。

学歴コンプレックスって本当に根強くて、人によっては自分の自信を奪ってしまうような大きなものです。ぶっちゃけた話、学歴は就職活動に大きく影響しますし、高いとされる大学に行けば人との繋がりが増えるなど、「学歴」の有無だけで自分の今後の可能性は大きく異なります。

僕がそうでしたが、頑張っても合格できなかった大学に通っているというだけで、劣等感とういうか、羨ましさというか、そんなマイナスの感情を抱いてしまうんですよね。「あんなに頑張ったのに、何で僕だけ…」「彼らの人生は今後バラ色なんだろうな、僕と違って」など、考えがどんどん良からぬ方向へと向かってていきます。手元にないものに意識を奪われ、マイナスの思考ばかり抱いていると、いずれこんな自己否定に陥っていきます。

自分って何てダメな人間なんだろう…」と。

編入最大のメリットは最終学歴を変えることができること

そんな時に見つけた「編入」という選択肢。以下の条件さえ満たしていれば、高学歴をいくらでも受験することができる、ということを知りました。

編入できる条件

短期大学卒業者(卒業見込み者)

専修学校(専門学校)の専門課程修了者

4年生大学2年次修了者(修了見込み者)

上記の受験資格を満たし、且つ各大学の設定する試験に合格すれば大学三年次に入学できます。仮に短大や専門学校、大学2年生を経由したとしても、学年が遅れることはありません。

そして、編入最大のメリットは、最終学歴を変えることができること。

実際僕は短大から同志社大学へ入学し、日本での「最終学歴」は同志社大学になりました。(今現在はメルボルン大学)

専攻は変えれても、学歴を変えることは難しい

ごくたまに「学歴」よりも「専攻」を変えたいという人から質問を受けることがあります。今やっていることが思っていたものと異なるので、専攻を変えてやり直したい、と。

これに関してはご自身の現状と将来展望を見据えた上でのことであればそれで良いと思います。例えば、理系であれば、文系と違って、専攻がそのまま職に繋がることが多いので、専攻を変えるということは今後のキャリアを考えた選択となるため、すごく良い選択だと思います。

一方文系の場合、専攻が今後のキャリアへ直接影響するということはそこまで多くはありません。文学専攻の学生がIT企業へ就職したり、経済学専攻の人が薬剤関係の仕事をしたりと、進路は様々です。文系であれば専攻はそこまで就職に影響しないので、大学の講義に潜ったり、独学で勉強することで、学部を卒業する程度の知識は身につけることができます。

大きく関わるとすれば、やはり、「学歴」。

「学歴」有無で、面接の選考を受けられるかどうかさえも変わってきます。学歴さえあれば、キャリアの選択肢が広がる可能性は大いにあるのです。

それに、専攻は変えれても、学歴を変えることは編入以外にありません。

ご自身の今後のキャリアを考え、「学歴」を取るか価値があるかどうかを考えていただければと思います。

編入試験の合否に現在の学歴は影響するの?

これも多い質問の1つです。編入試験の受験者は四大生だけでなく、短大や専門学校など、様々なバックグラウンドの人が満を辞して受験します。その中には「現在の学歴が試験の合否に影響するのではないか?」と考える人も少なくありません。実際に僕もそのように考えていました。僕の場合、京都の小さな短大だったので、「受験資格を満たしていなかったらどうしよう?」とか、「短大の名前で不合格にされるんじゃないか?」など、漠然とした不安に襲われました。

しかし、現在の学歴は編入の一般試験には影響しません。

僕が在籍していたのは本当に小さな短大でしたが、同志社大学に入学することができましたし、僕の友人の多くが専門学校から京都大学や大阪大学など、国立大からの「合格」をもぎ取っています。仮に現在の学歴が合否に影響するのであれば、僕も含め、友人誰もが合格することはなかったと思いますが、在籍先の学歴が影響したことを、僕はまだ一度も聞いたことがありません。

もし不合格だったとしたら、それは単純に学力が足りなかったからだと思います。

就活の時の学歴はどうなるの?

これも超気になりますよね。先に述べた通り、「学歴」は就活に大きく影響します。そして、「学歴」を記載する履歴書もかなり重要になります。しかし、編入の場合、少なくとも2つの大学を経由しているので、どのように書けば良いのかわかりませんよね。

でも、あなたの最終学歴は編入先の大学になります。

しかし、基本的には経由した大学全てを記載します。

例えば、僕の場合、短大から同志社へ編入しているので、以下のように記載します。

履歴書の書き方(短大から編入学した場合)

平成23年4月  長崎県立長崎△△高等学校 入学
平成25年3月  長崎県立長崎△△高等学校 卒業
平成27年4月  京都◯◯短期大学△△学部□□学科 入学
平成28年3月  京都◯◯短期大学△△学部□□学科 卒業
平成28年4月  同志社大学経済学部経済学科 (3年次)編入学
平成29年3月  同志社大学経済学部経済学科 卒業

編入は人生の岐路となる

「学歴を変える」と一言で言えば、すごく難しそうに聞こえますし、そんなことが実際に可能なの?と思ってしまいますよね。

でも、編入においては、一発逆転が十分に可能です。

人生において一発逆転なんて滅多に起きませんが、編入ではそれが可能になります。これまで見えなかった選択肢も、編入を通せば手が届くようになります。僕や友人の多くがそうだったように、編入には人生を変える力があります。

ご自身の現状を諦めることなく、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

あなたの成功を、心から祈っています。

この記事を読んだ人は以下の記事もチェックしています

【大学編入の難易度】断言しよう、編入は合格できる!

2018.11.03

大学編入で落ちたらどうなるの!?試験失敗後の展開と思うこと

2018.10.24

編入の勉強っていつから始める?合格するための勉強時間と勉強法

2018.10.24

編入がきついと感じた時に読んでください。編入を志す人に伝えたいこと

2018.07.23

【永久保存版】大学編入の英語対策と勉強法!合格したい人は必ず見てください。

2018.10.24

大学編入で戦えるTOEICの点数と僕が2ヶ月で340点伸ばした勉強法

2018.10.17

え、難関大が超簡単!?編入の9つのメリットとデメリットの比較

2018.07.23

大学編入の倍率でビビってるあなたへ!編入の本当の難易度と合格可能性

2018.07.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

ちーや

同志社(編入)→メルボルン大学開発学修士号(卒):元偏差値28の落ちこぼれ(県模試再開)。大学卒業後、マーケティングの会社を設立。現在はメルボルンのカフェを練り歩きながらSlow Lifeを謳歌中。 著書「パズル式学習法」 http://output-abstraction.xyz/puzzle-lp/